株式会社 タダノ

説明資料

■企業プロフィール

建設用クレーンのリーディングカンパニー

当社は1955年に日本初の油圧式トラッククレーンを開発して以来、建設用クレーンのNo.1企業として業界をリードしてきました。現在でも日本市場において国内建設用クレーン分野でトップシェアを誇っており、長期目標として「LE業界世界No.1」を掲げております。※LE(Lifting Equipment):抗重力・空間作業機械

上記目標を達成すべく、海外を視野に入れた事業展開にも積極的に取り組んでおります。海外拠点として工場を3拠点(ドイツ、アメリカ、タイ)、販売事業所を18拠点設けております。2013年には世界最大級の吊上性能を有するラフテレーンクレーンを発表し、常に時代のニーズに適した製品の開発に力を入れ、いまや海外売上比率は50%に近づいています。

◆市場に新しい価値の提供

タダノのコアバリューである「安全・品質・効率」を軸として、ユーザーがさらに安全で使いやすい製品の提供に取り組んでおります。以下のような技術がリリースされています。


説明資料

◆海外進出の加速

2019年7月、建設機械大手Terex社のグループブランドの一つであるDemagクレーン事業を買収しました。Demagクレーン事業は、100年以上の長い歴史を有し、大型のオールテレーンクレーンやクローラクレーンで世界有数のブランドとして定評があります。新たに、当社グループの商品ラインナップにクローラクレーンを加えると共に、オールテレーンクレーン事業の更なる拡充を図ることで、幅広いお客様のニーズにお応えしていきます。


説明資料
現状と特色

建設用クレーンのNo.1企業として日本のクレーン業界をリードしてきました。

海外への事業展開にも積極的で、ドイツをはじめ、広く海外にも拠点を置いています。

目下クレーン事業だけにはとどまらない LE(Lifting Equipment 抗重力・空間作業機械)事業において世界No.1を目指しています。

当社の期待する学生

「好奇心を持って何事にも取り組める方」、そして「自分の軸を持って行動できる方」。

タダノの経営理念である「創造・奉仕・協力」に共感し、製品やサービスを提供することで、ものづくりから街づくりにグローバルに貢献したい方をお待ちしております。

先輩の声

タダノがクレーンメーカーであることを知ったのは、実は就職活動が始まってから。

企業研究を進めていくうちに、ものづくりに関わるなら、大きく、社会貢献度の高いものに携わりたいと考えるようになり、タダノに魅力を感じ、志望しました。

会社説明会での和やかな雰囲気や、若手社員や採用担当の気さくな人柄に魅力を感じたのも志望動機のひとつです。

TOP PAGE BACK この企業のWEB SITEへ この企業にエントリーする

All Rights Reserved, Copyright(C) 2012-2020, The Japan Society of Mechanical Engineers Kansai Branch