日立化成 株式会社

説明資料

■企業プロフィール

「Working on wonders −驚きを実現へ」 

私たち日立化成は、このスローガンの元に、世の中のニーズに応えてきました。1912年に電気絶縁体のワニスの研究開発から始まった日立化成の歴史は、長年に亘り培われた技術の融合や複合により、様々な「材料」や「製品」に『形』を変え、世の中に送りだしてきました。日立化成の歴史は、『技術』と『製品』の開発を飽くなきまでに繰り返してきた歴史でもあります。現在ではエレクトロニクス関連分野を始め、自動車分野・環境分野、そしてライフサイエンス分野といった多くの分野で、社会に貢献している企業です。私たち日立化成が目指しているもの。それは、社会が目指している未来の実現に向けて、時代を拓く優れた技術と製品の開発を通して社会に貢献し、世の中の期待や想像を超えるイノベーションプロバイダー企業でありたいということ。私たちと一緒に、「化学」の枠だけには納まらない 『未来への価値創造企業』として、無限の可能性を世の中に提供していくことを実現しませんか。

■機械系出身者の活躍フィールド

日立化成で取り扱っている製品は多種多様。製品開発においても、『化学系知識』だけではなく、『機械系知識』が必要となる製品が沢山あります。具体的には、自動車関連分野や環境エネルギー分野、意外なところではライフサイエンスの分野でもメカトロニクスに関する専門が必要になってきます。「日立化成=化学メーカー、故に機械系の専門を駆使した研究開発はできない」という固定観念は捨て、あなたの専門性を融合した製品で、世界の期待に応えていきましょう。

●設計・製品開発

説明資料

自動車部門においては、3D−CADを駆使した構造設計から構造解析や流動解析のシミュレーション、さらには製品の機械特性の評価までと、幅広く機械系の知識を活かして活躍されている方がいます。製品は、大型の樹脂成形品からディスクブレーキパットまで多種に広がっています。

多くの可能性を秘めた化学素材を活かし、機械的技術・知識を融合することにより、新たな製品開発を行うことができ、新領域への挑戦は止まることはありません。

また、機能性材料分野においては、他分野で培ったシミュレーション技術を活かし、より良い製品組立工程の設計を『オープンラボ』にて行っています。これまで培ってきた技術を違う分野に応用展開できるのも、当社の魅力です。

●生産技術(プロセス開発)・製造技術

モノづくりをする企業として、なくてはならない職種であり、多くの機械系出身者が活躍しています。

研究開発者と一緒に、製造方法の観点から新製品開発に携わり、また既存製品のよりよい製造方法の提案・改善などを行います。

社内外の各部門と連携をとりながら、新規製品の製造導入、生産能力アップなどの技術開発の他、新工場の立ち上げ、グローバル生産体制の構築など、幅広くダイナミックな活躍の場があります。


説明資料

■モノづくり、生産技術・製造技術の魅力〜技術のプロフェッショナル部隊〜

生産技術や製造技術と聞くと、裏方のイメージを持っていませんか?
モノづくりの技術は、メーカーにとって『財』を産み出す重要な仕事です。


モノづくりの技術者は、研究開発で産み出した『種』をプロセス開発や設備設計などを行い、『財』となる製品を造り出し世の中に提供する役割を担っています。

当社の特徴のひとつとして、『種』の段階から、顧客ニーズを達成するための方法を研究開発と一緒に検討していきます。

技術のプロフェッショナルとして精通しているからこそ成せる仕事です。

これにより、より効率よく製品を提供することが可能になります。


また、生産技術の中で、特に、機械系出身者の活躍は、工程の自動化(ロボット化)やシミュレーションによる効率化などです。

ロボット化は、既製品のロボットを導入するのではなく、各工程で自動化できるポイントに対して、自ら提案し、企画・立案していきます。

実際のロボットの作成は装置メーカに外注することとなりますが、そのロボットは唯一無二の自分が設計したロボットに変わりありません。

シミュレーションは数多くの場面で活用され、自動車分野の製品開発だけではなく、スケールアップ時のシミュレーションや将来的にAIへの転用も視野に入れ、データの収集をしています。


生産技術は、モノを産みだすために社内外の多くの関連部門と連携を取り、プロセスを創りあげていきます。

コミュニケーション、リーダーシップ、調整力、多くの能力を高めていくことで、技術のプロとしての知識も習得していきます。


日立化成の生産技術は、技術のプロフェッショナルとして、研究開発や関連部門の統制を図り、『財』を産みだすコーディネーターです。

現状と特色

私たち日立化成が目指しているもの。それは、社会が目指している未来の実現に向けて、時代を拓く優れた技術と製品の開発を通して社会に貢献し、世の中の期待や想像を超えるイノベーションプロバイダー企業でありたいということ。私たちと一緒に、「化学」の枠だけには納まらない 『未来への価値創造企業』として、無限の可能性を世の中に提供していくことを実現しませんか。

当社の期待する学生

会社として、多様な価値観や考えを持った人とのコミュニケーションが取れる人、課題に対して積極的かつひたむきにチャレンジできる人などを掲げていますが、機械専攻の学生に対して求める素質は以下のとおりです。

社風・職場環境

未知の領域に踏み出すチャレンジ精神を持って、化学を超えた「新たな価値」を創造し、社会やお客様の期待を超える「驚き」を実現するために多彩なコア技術を融合・複合することにより、『情報通信』『環境エネルギー』『ライフサイエンス』『自動車』の4つの注力事業分野において、グローバル企業としての歩みを加速していきます。

TOP PAGE BACK この企業のWEB SITEへ この企業にエントリーする

All Rights Reserved, Copyright(C) 2012-2018, The Japan Society of Mechanical Engineers Kansai Branch