株式会社 タクミナ

説明資料

■企業プロフィール

タクミナは1956年、生野銀山のお膝元である兵庫県朝来市で創業しました。当時、銀山周辺では飲み水が原因で伝染病が流行しており、創業者は地元の危機になんとか役に立てないかと一念発起。地域の人々に安全な水を届けるために、井戸に消毒薬を送るポンプを独自開発しました。この消毒用小型ポンプの開発が、タクミナの原点です。日本の高度成長期と共に発展してきた当社は、1993年に社名を「タクミナ」に変更しました。そして、プロセスポンプの開発に注力し、高精度・高機能なポンプ技術を追求し、あらゆる流体に対応する技術力を磨きながら、殺菌、環境、化学・新素材、電子材料といった時代に応じたフィールドを開拓してきました。

タクミナの半世紀以上にわたる歴史は、技術革新の歴史でもあります。その原点は、創業当時から変わらぬ「常にお客様のために」という熱い思いです。私たちは常に独自技術にこだわり、タクミナにしか成し得ない独創的なテクノロジーの追求を続けています。

・企業理念

「タクミナは常にお客様の立場で物事を考え、独創的な技術で世界に役立つ」

創業以来、数多くのお客様に支えられ、技術と品質を高めてまいりました。これからもタクミナは、常にお客様目線で物事を考え、独創的な技術と真心で「お役立ち」してまいります。

■機械系技術とその製品

・オンリーワンの開発力

1965年に国産初の動力付き定量ポンプを発売。以後、多様化・高度化するお客様のニーズに応え、高精密な流れを作り出す「スムーズフローポンプ」や、世界初の「吐出量自動補正機能付定量ポンプ」など、画期的な製品を数多く生み出してきました。

国内外で多くの特許を取得。グッドデザイン賞においても過去8回受賞と、高い評価をいただいております。


説明資料
▲当社の開発・技術力が詰まっています

・スムーズフローポンプTPLシリーズ

タクミナが誇る「スムーズフローポンプTPLシリーズ」は、脈動率±1%以下、再現精度±0.1%以下という世界最高水準の「超」一定流特性を実現しました。これにより「ダイヤフラムポンプは、ミクロン単位の精度が求められる最先端分野では満足のいく送液性能が得られない」という業界の「常識」を打ち破ったのです。そして、精密薄膜塗工や電子部品の製造工程などの厳格な用途に応え、国内外を問わず高い評価を獲得しています。


説明資料
▲「常識」を打ち破るスムーズフローTPLシリーズ

・トータルソリューション

ポンプだけでなく、タンク、計測機器、撹拌機器などを組み合わせ、流体移送をトータルで提案できることもタクミナの強みです。

お客様からのさまざまなご要望にお応えする中でノウハウを蓄積し、あらゆる課題に最適なソリューションを提案できる体制を整えています。


説明資料
▲流体移送に関するあらゆる課題を解決します

・各分野での使用例・用途

【電子材料・光学フィルム】

液晶・有機ELディスプレイなどに使用される光学フィルムの製造や、半導体デバイスの製造に欠かせないCMPスラリー液、携帯電話のボディなどにも使われているUV硬化性樹脂など、高い精度が要求される移送液の塗工・供給プロセスに採用されています。


【化学・ニューマテリアル】

高機能性樹脂の移送、レアメタルの回収、鉄鋼の表面処理薬品の循環や製紙用薬品の移送など、液質を変化させることなく安定して移送することが求められるプロセスで活躍しています。また、環境負荷低減と材料の削減を目的に発泡樹脂への利用が進む超臨界二酸化炭素の供給など、幅広い流体の移送に先進の技術で対応しています。


【新エネルギー・電池】

太陽電池のバックシート材料の調合プロセスやリチウムイオン電池をはじめとする二次電池の製造においても、電極材の分散・ろ過・塗工などに使用され、電池の性能向上に貢献しています。


【食品・医薬・バイオ】

飲料をはじめとする多くの食品工場で、原料の供給、ろ過、充填、容器の洗浄など、さまざまなプロセスに利用されています。医薬品の製造では、原料の精密な供給が求められる造粒工程などに採用されています。


【環境・水処理】

工場の排水処理、商業施設の空調の水処理、船舶のバラスト水処理、重金属や危険物の処理など、規模も用途もさまざまな環境対策に、確かな品質と性能で応えています。


【滅菌・殺菌】

滅菌・殺菌は、タクミナが創業当初から取り組んできた長く豊富な技術的蓄積をもつ分野です。浄水場での滅菌、ホテルや病院の衛生管理などに使用されています。薬剤を注入するためのポンプをはじめ、さまざまな水質管理機器、そして弱酸性次亜水生成装置「サラファイン」等、高い精度と信頼性で、人々の日常生活を支えつづけています。

現状と特色

タクミナは世界トップレベルの技術をもつ精密ポンプメーカーです。

創業以来、滅菌・殺菌、環境、食品、バイオ・化学、新素材、電池、電子材料等、最先端のプロセスから身近なインフラまで幅広い分野で技術力を磨いてまいりました。

その中で、モノとしてポンプを提供するのではなく、流体移送の問題を根本的に解決できるような移送方法を見つけ、それをカタチにすることで「流体ソリューション」を創造し、お客様のご期待を上回る「感動」の提供に挑み続けています。

当社の期待する学生

タクミナでは「人財」を最も重要な資産と位置づけています。

「人財」こそが企業を動かし、成長していくための原動力だと考えているからです。

先輩の声

高圧環境下で使用される油圧ダイヤフラムポンプの開発を行っています。

その中で、設計から試作、評価までの一連の開発工程に携われることが当社の特長でもあり、嬉しく思います。そして、自分の設計したものが形となり期待通りの性能を発揮した時にやりがいを感じます。

また、新しいことに挑戦させてくれる社風が当社にはあります。技術者として、人間として成長させてくれるその社風によって、高いモチベーションを保ちながら働くことができます。

TOP PAGE BACK この企業のWEB SITEへ この企業にエントリーする

All Rights Reserved, Copyright(C) 2012-2018, The Japan Society of Mechanical Engineers Kansai Branch