日新製鋼 株式会社

説明資料

■企業プロフィール

「錆に強い鉄」への限りない挑戦を続けて約110年。当社は、表面処理鋼、ステンレス鋼、特殊鋼および普通鋼などの薄板部門に特化した銑鋼一貫メーカーとして、着実にその地位を築いてきました。量や規模ではなく、表面処理技術や防錆技術などを活かして独自鋼種をはじめとする多くの高付加価値製品を開発し、お客様ニーズに応える優れた製品は、建築をはじめ、家電、自動車、エレクトロニクス、産業機械などで暮らしや社会を支えています。また、「企業価値向上」を最大目標として「お客様との共生」という思いのもと開発・提案型販売の強化を図っています。さらに新日鐵住金グループの一員として「総合力世界No.1の鉄鋼メーカー」の実現に向け、2017年新生「日新製鋼」をスタートしました。そして2019年からは新日鐵住金グループでのステンレス事業再編により、当社は表面処理鋼板と特殊鋼を軸に事業強化して参ります。

【ZAMとは】

ZAMは、日新製鋼が世界で初めて工業生産化に成功した高耐食性の溶融−アルミニウム−マグネシウム合金めっき鋼板です。マグネシウムとアルミニウムの効果により、優れた耐食性、耐疵付き性、加工性を重視し、様々な分野に適用頂けます。

−主たる機能−

  • 優れた耐食性
    ZAMの耐食性は、溶融亜鉛めっき鋼板に比べ10〜20倍、溶融亜鉛-5%アルミニウム合金めっき鋼板に比べ5〜8倍、優れています。
  • コストダウン
    工程省略によるイニシャルコストの低減、優れた耐食性によるライフサイクルコストの低減など、コストダウンを実現します。
  • 優れたプレス加工性
    溶融亜鉛めっき鋼板に比べてめっき層が硬く、平滑なためプレス加工性に優れ、生産効率が向上します。

説明資料
▲鉄道用防風板

【プラタイトとは】

国内鉄鋼メーカー初となる、鋼板の表面を改質して化学的特性を持たせ、プラスチックとの優れた接合性を実現した特殊表面改質鋼板です。「ZAM」をはじめ、各種めっき鋼板・ステンレス鋼板へ適用できます。

接着剤やねじを用いず、射出成形や熱圧着のみで直接プラスチックに接合できるため、省力化や工程の削減が期待できます。近年、自動車・通信業界などを中心に進展している、異種の材料を接合・併用することで高強度化や軽量化を図る「マルチマテリアル化」を見据え、幅広い分野でのニーズに応えていきます。

−主たる機能−


説明資料

現状と特色

「錆に強い鉄」への挑戦を続けて約110年。当社は、表面処理鋼、ステンレス鋼、特殊鋼および普通鋼などの薄板部門に特化した銑鋼一貫メーカーとして、着実にその地位を築いてきました。量や規模ではなく、表面処理技術や防錆技術などを活かして独自鋼種をはじめとする多くの高付加価値製品を開発し、お客様ニーズに応える優れた製品は、建築をはじめ、家電、自動車、エレクトロニクス、産業機械などで暮らしや社会を支えています。また、「企業価値向上」を目標として、表面処理鋼板、ステンレス、特殊鋼を戦略品種と掲げ、「お客様との共生」という思いのもと開発・提案型販売の強化を図っています。更に新日鐵住金グループの一員として「総合力世界No.1の鉄鋼メーカー」の実現に向け、2017年新生「日新製鋼」をスタートしました。そして2019年からは新日鐵住金グループでのステンレス事業再編のもと、当社は表面処理鋼板と特殊鋼を軸に事業強化して参ります。

当社の期待する学生

当社では社員全員を「将来の基幹社員」とし、個々の意欲やチャレンジ精神を尊重し若いうちから活躍できる場を用意しています。アクティブに行動する方、慎重に物事を進める方、研究熱心な方、好奇心旺盛な方等々、これからの会社を背負って立つ多彩な人材を求めています。

教育研修

少数精鋭をモットーとし人材育成に力を注いでいます。新入社員研修では社内講義やマナー研修に限らず製造現場や販売部門での実習を通じて「モノづくりとは」「お客様との共生とは」についてじっくり体感してもらいます。その後はOJTやフォローアップ、部門別研修といったOFF-JTに加え、ジョブローテーションを通じて社員のレベルアップを図っています。

TOP PAGE BACK この企業のWEB SITEへ この企業にエントリーする

All Rights Reserved, Copyright(C) 2012-2018, The Japan Society of Mechanical Engineers Kansai Branch