株式会社 中北製作所

説明資料

■企業プロフィール

1930年の創業以来、当社では”フロンティアスピリット”(進取発展)を社是として、常に取引先様や従業員、地域社会の皆様、株主の皆様から信頼され、社会に貢献する企業を目指してきました。船舶用バルブを中心に造船業界と共に歩んできた当社は、1963年に独自に開発したバタフライ弁が世界中のタンカーに採用され、船舶関係における「NAKAKITA」ブランドを不動のものとしました。その後はバルブ本体だけでなく、アクチュエーターと呼ばれる駆動部や周辺の計器類、遠隔操作装置を製品化し、更にはコンピュータ制御によるコントロールシステムを開発し、バルブを中心とした自動制御システムメーカーとして舶用分野でのトップ企業へと躍進いたしました。


説明資料

バルブから遠隔操作装置まで自社製造するメーカーは世界でも当社だけで、創業以来品質経営を維持した結果、世界の船主、造船所から圧倒的な支持を得ています。100年企業を目指し、今後は更に発電所をはじめとするエネルギー関連プラントや製鉄、化学など多様な陸上プラント向けバルブのシェア拡大に一層注力してまいります。

信頼されるモノづくり

様々な産業分野で活用される調節弁・シリンダ弁・安全弁・調整弁・バタフライ弁・レベルスイッチ及び遠隔操作装置など、各製品のクオリティは国際規格ISO9001が認証するトータルクオリティマネジメントシステムをはじめ、「高圧ガス」「ASME」「CEマーク」「船級認定」など数々の公的認定により保証されています。また、安全な環境の下で、適切な品質、適切なコスト、適切な納期を徹底管理し、取引先より厚い信頼をいただいています。

確かな技術で確かな製品を

いつの時代も一歩先を見つめ、計測・制御工学・流体工学・金属・材料工学などの基礎技術と三次元CADやSTAR-CCM+による構造/流体解析などを用い、高性能多機能なバルブと制御システムの開発に取り組んでいます。また、小型弁から大型弁さらに高品位弁までの多品種少量生産を最新の高剛性・高性能マシン群が精密な製品群を効率よく造りだし、当社独自開発の生産管理システムにより複雑な生産管理を一括でコントロールし、徹底したデータ管理で納期管理から完成品納入後のあらゆるメンテナンス需要に対応しております。

現状と特色

1930年の創業以来、大阪を拠点に船舶・発電・製鉄・化学プラント等にバルブを中心としたあらゆる流体制御システムを提供してまいりました。1963年に独自開発した大型タンカー向けのバタフライ弁はそれまでの常識を覆す小型軽量化され、なおかつ漏れゼロを実現化した製品で、世界中のタンカーに採用され、「NAKAKITA」ブランドを不動のものにいたしました。それ以来今日まで、船舶用バルブ分野において世界トップシェアを誇り、流体制御装置の総合メーカーとしての揺るぎない技術力とノウハウでハイレベルな製品を生み出しています。

当社の期待する学生
先輩の声

中北製作所はバルブ製造へのプロ意識が高く、同時にアットホームな雰囲気で何事にも社員一丸となって取り組む姿勢は、他社に負けない強みです。ガスタービン火力発電所向けのバルブ設計・開発や大型船舶向けのバルブシステムの設計など、社会インフラを陰で支える企業です。製品はすべて完全個別受注生産で、お客様のご要望に応えた製品が厳しい社内検査とお客様の立会検査を経て、出荷される際には達成感や満足感、やりがいを感じます。

TOP PAGE BACK この企業のWEB SITEへ この企業にエントリーする

All Rights Reserved, Copyright(C) 2012-2018, The Japan Society of Mechanical Engineers Kansai Branch