グローリー 株式会社

説明資料

■企業プロフィール

■ 世界のトップブランドへ

私たちは、金融市場、流通交通市場、遊技市場などさまざまな分野において『通貨処理機のパイオニア』・『世界で高いシェアを持つトップメーカー』として、人々の暮らしを便利に、そして快適にする製品を生み出してきました。より確実に、より効率的に。今や100ヵ国以上の国や地域で利用されるまでに、活躍の場を広げています。通貨という決して間違いが許されない領域で磨かれたオンリーワンの『見極めるテクノロジー』で、もっと安心で、もっと便利な世の中へ。それが、私たちグローリーの使命です。


■ 思いをかなえる 技術で見つめる 確かな未来

この機械、何かわかりますか?これは私たちが開発した国産第一号の硬貨計数機です。一枚ずつ、手で数えることがあたりまえだったお金を、人に代わり機械が数える。新しい時代の幕開けでした。以来、半世紀。私たちが開発した数々の通貨処理機は、銀行、スーパーマーケット、交通機関をはじめ、お金を扱う幅広い分野で、業務の厳正化と効率化に無くてはならない存在になりました。また、コア技術である『認識・識別技術 』を応用することで、『生体認証( バイオメトリクス )技術、会話プライバシー保護技術』を開発。非現金分野にも事業領域を拡大しています。より安心で確実な社会のしくみづくりに技術で応えます。


■ 『グローリーのDNA』 求める心とみんなの力

お客さまや社会のニーズに不屈の精神で挑戦し不可能を可能にしていく。『求める心』はグローリーが創業時から変わることなく受け継いできた想いです。そして一人ひとりの求める心がつながり、支えあい、ひとつの大きな力となったとき、はじめて実現される。つまり『みんなの力』を結束してこそ、はじめて偉大な仕事ができる。『求める心』と『みんなの力』は、いつの時代も変わることのないグローリーのDNAです。


■ 企業概要

【 事業内容 】
通貨処理機( 硬貨紙幣計数機、オープン出納システム、両替機、レジつり銭機 など)、情報処理機、自動販売機、カードシステム、自動サービス機器などの開発・製造・販売・メンテナンス

【 創業 】
1918年( 大正7年 ) 3月

【 資本金 】
128億9,294万円

【 従業員数 】
3,314名( グループ総数 9,516名 )  2018年3月期

【 売上高 】
2,273億6,100万円( 連結 )  2018年3月期

【 経常利益 】
175億5,300万円( 連結 )  2018年3月期

【 代表者 】
代表取締役社長  尾上 広和

【 事業所 】
本社( 兵庫県姫路市 )、東京本部( 東京都千代田区 )を含む
全国85拠点 ( 2018年3月 )

【 株式公開 】
東京証券取引所 市場第一部
格付投資情報センター( R&I ) 発行体格付 A ( 2018年6月 )

【 主要取引先 】
独立行政法人造幣局、独立行政法人国立印刷局、日本銀行、全国金融機関( 三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、日本郵便など )、百貨店、スーパーマーケット、交通機関各社、国内外たばこメーカー、全国レジャー施設、一般企業( 富士通、沖電気、東芝テック、アサヒセキュリティ ) など
現状と特色

グローリーは通貨処理機の国内シェアNo.1メーカーです。

“通貨処理機”をご存知ですか?

銀行やスーパーマーケット、駅や百貨店など、身近な場所でお金の流れを支え、お金の価値を守る機械(通貨処理機)をグローリーは手がけています。

現在では、日本国内だけでなく、世界約100の国と地域でグローリーの製品が活躍している他、セキュリティ分野などの新しい事業領域にも挑戦しています。

当社の期待する人材
.教育研修

入社後、人事部が実施する研修を受講後は職種別に専門研修を実施しています。

研究開発設計職の専門研修は、座学で基礎を学んでいただきます。その後、机上で考えるだけでなく、実際に手を動かしながら、開発プロセスの基礎を実践形式で学んでいただきます。

TOP PAGE BACK この企業のWEB SITEへ

All Rights Reserved, Copyright(C) 2012-2018, The Japan Society of Mechanical Engineers Kansai Branch