スターライト工業 株式会社

説明資料

■企業プロフィール

常に時代の先端を駆けるチャレンジを。

私たちスターライト工業は、フェノール樹脂による独自の摺動材料の開発を行うベンチャー企業として1936年に発足しました。

以来、高性能エンジニアリングプラスチックをはじめとする新素材開発およびそれらの複合化に取り組み、トライボロジー(摩擦・磨耗・潤滑工学)と先端の成形技術をキーテクノロジーとして、鉄鋼・製紙・造船・産業機械・自動車・情報通信・住宅など幅広い領域において高い専門性を磨き成長して参りました。


常に時代の先端を駆けるチャレンジを重ね、独自の技術と機能によって、世界中の人々や社会をよりゆたかにする。それがスターライト工業という会社です。

★スターライトって何をしてる会社なの?

2016年に創業80年を迎えました。

戦前から現在まで時代のニーズに合わせた商品を開発、提供しています。

実は、業界の中では結構有名。

皆さんも知っている名だたる企業から信頼とご愛顧をいただいています。

★スターライトは何を目指してるの?

「自分たちだけの、自分たちにしかできない技術や商品に挑み続け、いつの時代も人々の暮らしをゆたかにするモノづくりを。」

それが創業時から脈々と受け継がれてきた姿勢です。私たちが目指すのはグローバル・ニッチ・トップ!「産業発展の蔭に当社あり。」との誇りと使命を持って、これからもゆたかな未来づくりのお役に立っていきます。

★スターライトではどんな人が活躍しているの?

当社の行動指針はThink "Why", Think "Speed", Think "Zakkubaran"

活躍している社員はこれを実践できている人だと思います。具体的には、

  1. なぜそうするのか?を考える姿勢を持っている人
  2. 自分に限界を設けず「やりたい!」と声をあげ挑戦しようとする人
  3. 自分が忙しいときでも困っている人に手を差し伸べることができる人
  4. 自分なりの方法(言葉、文章、図など)で考えを伝えようとする人

説明資料

■事業内容

★スターライトは何を扱っているの?

産業用 高機能性プラスチック商品の開発、製造、販売を手がけています。 皆さんがピンとくるものを挙げるとヘルメット。

実は、日本初のプラスチック製ヘルメットをつくったのは当社なんです。

これはあくまでも一例。

動きを滑らかにする、動きをしっかり止める、熱や衝撃から守る etc...

様々な機能をもつプラスチック商品を扱っています。

★スターライトはどんなモノづくりをしているの?

研究開発・営業、製造部門が連携し、お客様のニーズに的確に応えていく「提案開発体制」でモノづくりをしています。

ただ求められたものをレシピ通りに造るのではなく、いまは存在してないけれど、あれば絶対便利なモノを「創る」のが当社のビジネススタイル。

どの職種でも、お客様と顔を合わせて話をする機会が多いのが特徴です。

★スターライトのお客様って誰なの?

幅広い業界に向けて、各用途に合わせた商品を提供しています。例えば、



説明資料

■仕事内容

ここでは職種別に仕事内容をご紹介します。

頼りにされるエキスパートも、最初はみんな素人です。どの職種もまずは先輩社員とチームを組んで「仕事を学ぶ」ことからスタートします。

<技術研究職>


はたらく中で関わりの深い職種もご紹介します!

<技術研究職>

<営業職>

現状と特色

★スターライトは何を扱ってるの?

皆さんがピンとくるものを挙げてみます。実は、日本初のプラスチック製ヘルメットを創ったのは当社なんです。これはあくまでも一例。滑らかに動かす、動きをしっかり止める、熱や衝撃から守るなど、様々な機能をもつプラスチック商品を扱っています。

★スターライトはどんなモノづくりをしてるの?

フェノール樹脂のベンチャー集団だった当社。現在に至るまでの礎にあるモノづくり精神は「最先端の技術をもって、世の中の役に立とう」。研究開発、営業、製造部門が連携してお客様の要望を調査し、期待を超えるモノづくりを行っています。

当社の期待する人材

求む、「出るクイ」!

  1. なぜそうするのか?を考える姿勢を持っている人
  2. 自分に限界を設けず「やりたい!」と声をあげ挑戦しようとする人
  3. 自分が忙しいときでも困っている人に手を差し伸べることができる人
先輩の声

★スターライトの良いところ

「やりたい!と手を挙げたら、上司・先輩・後輩もいっせいに動き出してくれる」

「責任を持って育ててくれる、ここで頑張ればどこでも通用する技術者になれる」

★将来の夢・目標

「自分で創って、自分で売れるエンジニア!」

「お客様も気づいてない課題を見つけ、期待を超えるプラスαの提案がしたい」

TOP PAGE BACK この企業のWEB SITEへ この企業にエントリーする

All Rights Reserved, Copyright(C) 2012-2018, The Japan Society of Mechanical Engineers Kansai Branch