住友電装 株式会社

説明資料
 ▲Connect with the Best

■企業プロフィール

住友電装は1917年の設立以来、電線で培った「つなげる技術」を根幹に、お客様第一の精神で、確固たる事業基盤・領域を築いてきました。基本理念「Connect with the Best」には、「製品が担う接続の役割だけでなく、私たちを取り囲むあらゆる繋がりを、最良の方法でどこにも負けないものにする」という意味が込められています。

設立100周年の節目を迎えた当社は自動車用ワイヤーハーネスのリーディングカンパニー。トップクラスのシェアにより、世界で走る自動車の4台に1台は当社のワイヤーハーネスを使用しています。これからも、次の100年へ向け、「Connect with the Best」の精神で、進化し続ける世界の自動車業界へ貢献し続けます。


説明資料
▲電波暗室付シャシダイナモ実験棟

■自動車の発展に貢献する

電気自動車化やコネクティッドなど、自動車の技術革新が急激に進んでいます。当社ではそういった「次世代車」をターゲットにした開発設計や設備投資を積極的に実施しています。

一例として、電波暗室付シャシダイナモ実験棟(総投資額19億円)を新たに設けています。ハイブリット車等に搭載される大電力機器が発生する「ノイズ」の対策を行うもので、通信機器や電子機器に与える影響を正確に把握し、「自動運転化×電気自動車化」の発展に貢献しています。その他、ITS(高度道路交通システム)の研究開発や、高速通信を実現するための光ハーネス開発にも取り組んでいます。

また、ワイヤーハーネスに使用される電線の素材は銅がメインですが、当社は車体の軽量化を目的にアルミを素材とした電線の開発も行っており、動力系では現在10〜20%のところ、2025年度には殆どをアルミに替えていく予定です。

現状と特色

住友電装は世界32ヵ国20万人のグローバル企業。主力製品のワイヤーハーネスは、世界トップクラスのシェアを誇り、世界で走る自動車の約4台に1台は当社製品を搭載しています。その他、エレクトロニクスやハイブリット用製品など、時代に合わせた製品の研究開発から製造販売まで手掛け、多方面から自動車業界に貢献しています。

当社の期待する人材

強い“意志”を持つ。
必ず成長に“繋がる”。

住友電装の“チャレンジスピリット”は、「挑戦意欲」「粘り抜く」「志の伝播」「わかり合う」「For The Team」の5つの要件から成り立ち、活躍する社員が共通して持っている要件でもあります。まだすべては兼ね備えていなくとも、事を成していなくとも、これらの価値観に共感するチャレンジスピリットを持った人材を我々は待っています。

社風・職場環境

「あなたはどうしたい?」

社内でよく飛び交う言葉です。住友電装は、一人ひとりが、仕事で実現したいことを思い描き、強い意志を持ってやりきる風土を持った会社です。

こうした風土が育まれた背景には理由があります。私たちがつくる製品は、自動車内の電力や情報を伝送するシステム。見た目は地味だけれど、求められる技術レベルは非常に高く、クルマのすべての機能を知らなければできないとさえ言われます。それだけに、携わる人の数も膨大。それらの人々を巻き込んでプロジェクトを進めていくためには、何よりも強い意志=チャレンジスピリットが求められます。

そんなチャレンジスピリット溢れる職場で一緒に働きましょう!

TOP PAGE BACK この企業のWEB SITEへ

All Rights Reserved, Copyright(C) 2012-2018, The Japan Society of Mechanical Engineers Kansai Branch