株式会社 堀場製作所

■機械系技術とその製品例

説明資料
▲シャシダイナモメータ
   VULCAN
進化するシャシダイナモメータ -Evolution of Design-
<概要>

VULCANは、実験室内での路上走行時の状態を再現する2WD、4WD車両向けダイナモメータ。ホイールベースの自動調整機能などを備え、さまざまなテスト車両に適応可能です。また、ダブルアーム式標準トルク校正装置により、ゼロ点からフルスケールまでのトルク校正が、簡単かつ高精度で実施できます。高精度での駆動力測定・速度測定が可能であることに加え、システムの信頼性を確保するための自動品質管理機能・自己診断機能も備えています。



安心・安全を追求した血糖検査の新しいカタチ。
説明資料
▲小型電極式グルコース分析装置
   アントセンス デュオ
<概要>

血液中のグルコース濃度(血糖値)は糖尿病の診断において非常に重要な数値です。アントセンス デュオはグルコース濃度をはかる「分析装置」。病院内検査室の大型検査装置と同じ測定原理がそのハンディサイズのコンパクトボディに詰め込まれています。ソフト開発にも重点を置き、血液が装置に直接触れない測定方法なども盛り込み、操作性を追及したアントセンス デュオは、安心・安全を追及した血糖検査の新しいカタチです。



分析部、操作部をコンパクトに一体化した現場設置形分析計。
説明資料
▲防爆形プロセス用熱伝導式水素分析計
   TCA-51シリーズ
<概要>

 気体の熱伝導率の差を利用して、ガス濃度を測定する熱伝導式水素分析計です。分析部、操作部をコンパクトに一体化した現場設置形で、保守・点検も容易です。各種工業における水素ガス測定に、安全なプロセス管理用計器として、長期間にわたって安定した運転状態をもたらします。石油精製プラント、鐵鋼プラント、化学工業など、幅広い産業分野で使用されます。


ブローと真空吸引で異物を自動除去。
説明資料
▲レティクル/マスク
   自動異物除去装置 RP-1
<概要>

緻密な管理が求められる半導体製造プロセスにおいて異物は大敵。製造プロセス中に異物が混入すると、精密に半導体を作ることはできません。レティクル/マスク自動異物除去装置(RP-1)は、そんな製造プロセスにおいて半導体の原材料となるレティクル/マスクに付着した異物をAir(又はN2)ブローと真空吸引により自動除去します。携帯電話、スマートフォン、カーナビ、音楽プレーヤーその他さまざまな家電製品にも利用されている半導体の製造をしっかりサポートしています。

他に太陽電池やLED、液晶パネルの製造プロセスでも活躍しています。



説明資料
▲レーザ回折/散乱式粒子径分布測定装置
   Partica mini LA-350
粒子径分布(粒度分布)測定装置、充実装備のコンパクトモデル
<概要>

レーザ回折/ 散乱式粒子径分布(粒度分布)測定装置 Partica miniは、試料の湿式分散前処理部と分析部が一体化されたコンパクト(A3サイズ)なデザインが特徴で、迅速且つ効率の良い分析作業を実現するエッセンスが盛り込まれています。測定レンジは0.1〜1000μm。

医薬品、セラミックス、電池材料、乳製品・食品など幅広い分野の研究開発や品質管理に用いられています。




実路での排ガス規制対応からエンジン・車両開発までのトータルシステム
説明資料
▲車載型排ガス計測システム
   OBS-ONE
<概要>

OBS-ONEは、実路での排ガスの車載計測システムの最新モデルです。排ガス成分濃度、PM、A/F、排ガス流量、位置情報、環境条件(温度・湿度・大気圧)のデータ採取と、マスエミッション演算が可能です。さらに統合計測プラットフォーム“HORIBA ONE PLATFORM”を採用しており、他のシリーズ製品との接続やデータ統合が可能です。

“シンプル&フレキシブル”、使いやすさと安全性を追求した設計は、第46回機械工業デザイン賞にて、最優秀「経済産業大臣賞」をいただきました。



現状と特色

戦後の学生ベンチャーからスタートしたHORIBAの歴史。極限に挑むエンジニアの熱意が独創的な製品を生み、新しいマーケットを開拓し続けています。現在、5セグメントでビジネスを展開。

@世界シェア80%を誇るエンジン排ガス測定をはじめ、駆動系・ブレーキ・Eモータ・走行・車両などのテストも含めたトータルソリューションをおこなう自動車計測分野A世界各地で大気や水質、放射線計測などをおこなう環境・プロセス分野B血球計数装置を主力に疾患別治療を支援する医用分野C情報化社会の基盤である半導体をはじめ太陽電池やLED、液晶パネルの製造を支える半導体分野DX線分析や分光分析、ナノ粒子測定、pHメータなどの技術が、あらゆる分野の最先端研究、品質管理で使用される科学分野。

分野ごとに戦略や未来へのビジョンを持ちつつも、その枠を越えたシナジーやイノベーションを生む素地を備えています。

当社の期待する人材
社風・職場環境

「おもしろおかしく」というユニークな社是のもと、3つの人事方針に基づく社風を持っています。1つは「オープン&フェア」。開かれた風通しのよい風土で、チャンスは公正かつ平等に与えられます。1つは「加点主義」。何もしない見逃しの三振よりも、果敢にチャレンジした空振りの三振を評価します。1つは「2-wayコミュニケーション」。役職や部門の壁を越えたざっくばらんで双方向の、Face to Faceコミュニケーションを行っています。

TOP PAGE BACK この企業のWEB SITEへ

All Rights Reserved, Copyright(C) 2012-2018, The Japan Society of Mechanical Engineers Kansai Branch