パナソニック エコシステムズ株式会社

■企業プロフィール

事業内容

パナソニックグループの中で「環境システム事業」を担い、100年以上にわたり培った「風と空気」に関する技術力を結集したモノづくりを通じて、IAQ=Indoor Air Quality(室内空気質)を実現する空気清浄機やナノイー発生機、換気扇、道路トンネル用送風・集塵機器などの開発・製造・販売、水や土壌の環境浄化の追求により、地球環境への配慮を考えた幅広い事業を展開しています。

■パナソニック エコシステムズの10のコアコンピタンス

世界に展開する事業を支える最先端の環境技術

パナソニック エコシステムズでは、「地球に優しい技術」と「人に優しい技術」という相反する課題解決に向けて、空気・水・土の浄化を軸に、10の技術をコアコンピタンスと位置づけ、環境技術の研究開発を進めています。これらの技術の組み合わせから生まれる製品・ソリューションを通じて、私たちは地球環境と人類の共生に挑みます。

■モータ技術

モータはIAQ製品の基幹部品、細かな制御を可能にし、低消費電力のため発熱が少なく、モータ部が低温度で安定することで長寿命を実現した独自のDCモータ技術は各方面から高く評価されています。

■ファン技術

当社商品のほとんどに搭載されているファン。低騒音化や高効率化、気流の快適さを追求し続けています。ニーズは国内だけにとどまらず、最近話題のPM2.5を捕集する高密度フィルターに対応するような高い性能のファンが国内外から要求されています。

■熱交技術

エネルギー消費を大きく低減し、冷暖房コストの削減に大きく貢献するのが、パナソニックの熱交換気システム。室外に捨てられる熱や湿気を熱交換素子により効率的に室内に回収する「熱交技術」を駆使して住宅のゼロ・エネルギー化に貢献します。

■ヒートポンプ技術

空気中の熱を移動させることで、省エネで加熱・冷却を行うヒートポンプ、除湿ロータと組み合わせるハイブリッド技術で、1年を通じて省エネで快適な除湿を実現しています。

■調湿技術

入浴中でもテレビや読書、目に見える発汗が楽しめる最新のミストサウナ。この製品を可能にしたのが「調湿技術」です。水の遠心力により水破砕面に衝突させて微細化する「遠心破砕方式」を採用したことで、この画期的な新製品が生まれました。

■触媒技術

私たちはIAQを追及する中で培ってきた「触媒技術」で、従来の触媒に比べ低い温度で同一の分解性能が得られ、同一温度においては分解速度も向上する新方式の触媒を開発。クリーンディーゼル車用DPF触媒の低コスト・省エネを実現しました。

■バイオ技術

細菌、カビ、ウィルスなどを除菌・抑制する「バイオ技術」を用いて、清潔な空間を提供。また、浴室乾燥機に浴室のカビの繁殖を防止する機能を設け、浴室掃除の負担低減などを図っています。

■空清技術

空気中の粉塵・細菌・ウィルスを捕集する「集塵技術」と、悪臭物質を除去し臭いを和らげる「脱臭技術」から成る「空清技術」により健康的で快適な室内空間を提供しています。

■センシング&コントロール技術

センサーと自動制御によって快適性の向上とユニバーサルデザインの向上を実現する「センシング&コントロール技術」。その粋を集めた空気清浄機は、市場で高く評価されています。

■パワーエレクトロニクス技術

電力半導体素子を用いて高効率の電力変換を行い、省エネ・創エネを実現する「パワーエレクトロニクス技術」。モータなどの駆動を制御する技術や無駄な電力をカットする省エネ技術など、最先端の技術で事業を進化させています。

■パナソニック エコシステムズの2つ事業

■室内空気質(IAQ)関連事業

・空質家電

主に住宅の空気質を追求し、家庭用の空気清浄機、ナノイー発生機、加湿機、除湿機、扇風機、シーリングファン、ふとん乾燥機、食器乾燥機など暮らしに身近なPanasonicブランドの家電製品を提供しており、近年は海外展開も積極的に推進中です。

・換気システム

グローバルNo.1のシェアを誇る家庭用・業務用の換気扇や、換気システム、ミスト機能付バス換気乾燥機、送風機などの換気送風機を提供しています。建築基準法の改正に伴う換気設備の義務化やシックハウス対策など居住空間の快適性へのニーズの高まりを追い風に経営の基盤を支える事業として今後もさらなるシェアー拡大を目指していきます。

■環境エンジニアリング関連事業

空気・水・土壌の浄化技術を活用し、道路トンネル集塵システム、排水処理システム、クリーンエアーシステム、工場空調システム、環境建築など、空気、水、土壌の浄化事業を推進していきます。ベトナム、スペインでも道路トンネル用送風・集塵などが採用され海外でも高い評価を受けており、今後もグローバルに展開を加速させていきます。


現状と特色

当社は、長年、室内の空気質(Indoor Air Quality)の向上と環境事業に取り組んできました。現在、パナソニックグループの中で、空気清浄機や除湿機、換気送風機器など健康・快適な室内空気質を実現する「IAQ 分野」と、水・空気・土の浄化とエネルギー関連で環境負荷を低減する「環境エンジニアリング分野」で、「人と地球に優しい環境」の実現を目指して事業を進めています。具体的には、主に住宅用に展開してきたナノイーなどの空気清浄技術やエコナビなど省エネ技術を活かし、オフィスや学校、病院などの非居住分野へもIAQ 分野の事業を広げ、より広く価値をご提供していきます。また、国内で培ってきた換気送風に関連するノウハウを元にして、各国の実情にあわせた法制化・規格化を提案し、それに合った一歩先のIAQ 商品群をご提供することで、よりよい暮らしをグローバルに実現します。加えて環境エンジニアリング分野でも、最新の省エネノウハウを用いて、提案から施工、保守サービスまでの省エネや浄化技術などのソリューションをパッケージ化して、各国の工場の環境負荷低減に貢献します。

当社の期待する人材

グローバルマインドを持ち、受身ではない提案型の仕事に取組むことができるチャレンジ精神旺盛な人材を求めています。

ビジョン・戦略

当社は、「地球に優しい技術」と「人に優しい技術」という相反する課題解決に向けて、空気・水・土の浄化を軸にコアコンピタンスと位置づけ、環境技術の研究開発を進めています。これらの技術の組み合わせから生まれる製造・ソリューションを通じて、私たちは地球環境と人類の共生に挑みます。

TOP PAGE BACK この企業のWEB SITEへ

All Rights Reserved, Copyright(C) 2012-2018, The Japan Society of Mechanical Engineers Kansai Branch