株式会社 デービー精工

説明資料
▲香寺工場

■企業理念

どこにも負けない優秀な製品。環境に配慮した生産活動で社会に愛され認められる企業を築く。高い技術とより強い団結で、社員の幸福のために企業を発展させる。その実現のため高い目標に挑戦する。

従来の技術を更に発展、新たな飛躍を目指す

スタータスイッチ
▲スタータスイッチ

レクチファイヤ
▲レクチファイヤ

当社は三菱電機グループとして、自動車用電装部品やカーメカトロニクス関連製品を製造している会社である。

当社独自の自由な発想により、先端技術を駆使した製品を数多く世界市場に送り出し、自動車用電装部品製造の分野において高い評価を得ている。又、同グループ内でも高いシェアを誇り、特に自動車基本電装品の1つであるスタータスイッチについては、世界市場の16%、レクチファイヤにおいても15%のシェアを占めている。

自動車用電装品業界は、グローバリゼーションの高まりと共に低価格で高性能な車づくりを志向する自動車業界から、電装品の価格面・性能面で厳しい要請を受けている。その要請に対し、デービー精工では独自の生産体制による完全自動化や徹底した省人化システムを構築。その結果、高生産性、高品質と強いコスト競争力を備えた製品を開発、業界のニーズに常に的確、迅速に対応してきた。

他社の追随を許さないシェアを確立する原動力になっているのが、金型、試験機、制御機器、生産設備に至るまですべて自社技術で開発・製作できる点である。年々複合化、精密化されるカーメカトロニクスや産業機器製品分野で要求される優れたコストパフォーマンスに加えて、生産ラインをフレキシブルにレイアウト設計できる当社の技術の高さは、グローバル化する自動車電装品メーカーの中でもトップレベルに位置する。

近年の自動車は、アイドリングストップ機能などが装備されている省エネ車が主体となっており、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、電気自動車と、自動車機能自体が大きく変化している。これに伴い、自動車部品の形状や機能も変化し、より高精度・高品質が要求されている。当社はこの流れにいち早く対応し、新規製品の生産を数多く受注している。


各工場での生産体制

充電器(プラグインハイブリッド車用)
▲充電器(プラグインハイブリッド車用)

自社製 生産設備
▲自社製 生産設備

当社の生産は現在4箇所の最新設備を有する工場にて行われている。

本社敷地内の香寺工場では最新設備と高度な生産体制を誇り、当社の組立工場の中核として位置する。品質第一主義を貫き、合理化と生産性の向上には余念がない。

福崎工場は、プレス部品の生産工場として機能しており全社に部品を供給している。

プレス部品を生産する上での基本となる金型についても、この福崎工場にて設計・製作されており精密プレス部品が安定生産できるよう、日々技術力向上に取り組んでいる。

姫路工場は、3階建ての2棟からなる、香寺に次ぐ規模の工場であり、生産体制の合理化を徹底し高度な技術と最新の設備で高品質な製品を生産している。また、基板実装ラインを新規導入し新しい分野の製品を生産開始した。今後ニーズが増える電子部品にも対応できるよう、設備の規模拡大を進めている。

山崎工場は、本社の北西に位置する宍粟市山崎町にある。自然環境豊かなこの地域に根付いた工場で高品質な製品の製造を行っている。

又、当社の特徴として、生産設備を社内にて設計・製作していることが特筆できる。山田工場は、生産設備製作の専用工場となっており、メカ設計・電気設計・ソフト設計・組立・調整まで実施。この工場から最新設備が各工場に送り出され、当社製品のローコスト化や高品質化へ繋がっている。


説明資料
 ▲実装基板(シーケンサ用)
説明資料
 ▲生産設備・金型の設計


説明資料
 ▲自動組立ライン
説明資料
 ▲インラインプレス組立機


求められる若手社員の感性、創造力

デービー精工の社名の由来はDay Break(あけぼの)からきており、その名に込められた限りなく未来に向けて前進する意気は、豊かな社会を創造するため、新しい事業フィールドに向けて着々と準備を進めている。


説明資料
▲実装基板ライン

説明資料
▲走査線電子顕微鏡

今後、これまで培った技術を生かして新たな事業領域へと挑戦、さらなる発展を目指す当社を支えていくのが、鋭い感性と豊かな創造性、知識を広げようとする積極性を持つ若手社員であり、彼らの力が当社の明日を拓いていくのである。



高度な技術力で、異分野に挑戦

ますます精密化されるカーメカトロニクスの世界にあって、実績のある当社の技術力は業界から高い信頼を得ている。柔軟な創造力とあくなきチャレンジ精神によって研究開発体制を充実し、主流の自動車電装品以外にも、従来から培ってきた技術力を応用し、各種電磁マグネット、断路器、実装基板、リアクトル開発など新たな事業領域に果敢にチャレンジしている。

現状と特色

三菱電機グループとして、自動車用電装部品やカーメカトロニクス関連製品を製造している会社である。

当社独自の自由な発想により、先端技術を駆使した製品を数多く世界市場に送り出し、自動車用電装部品製造の分野において高い評価を得ている。

低価格で高性能な車づくりを志向する自動車業界からは、電装部品の価格面・性能面で厳しい要請を受けている。その要請に対し、当社では独自の生産体制による完全自動化や省人化システムを構築。その結果、高生産性、高品質と強いコスト競争力を備えた製品を開発、業界のニーズに常に的確、迅速に対応してきた。

金型、試験機、制御機器、生産設備に至るまですべて自社技術で開発・製作できる技術の高さは、グローバル化する自動車電装部品メーカーの中でもトップレベルである。

当社の期待する人材

社名の由来はDay Break(あけぼの)からきており、その名に込められた限りなく未来に向けて前進する意気は、豊かな社会を創造するため、新しい事業フィールドに向けて着々と準備を進めている。

今後、これまで培った技術を生かして新たな事業領域へと挑戦、さらなる発展を目指す当社を支えていくのが、鋭い感性、豊かな創造性、知識を広げようとする積極性を持つ若手社員であり、彼らの力が当社の明日を拓いていくのである。

教育研修

人材育成に熱心な当社ではさまざまな研修制度を導入している。新入社員研修として、当社の製品の知識・品質管理・安全衛生・コンプライアンスなどの基礎知識の研修をはじめ、生産技術研修、語学研修、各種通信講座など多岐に渡る研修プログラムが準備されており、能力向上のための環境が充実している。

TOP PAGE BACK この企業のWEB SITEへ この企業にエントリーする

All Rights Reserved, Copyright(C) 2012-2018, The Japan Society of Mechanical Engineers Kansai Branch