住友重機械ギヤボックス 株式会社

説明資料

■企業プロフィール

歯車、ベアリング、ねじ。これらは古くから“機械の三大要素”と呼ばれ重要視されてきました。中でも「歯車」は水揚げや水力製粉機、水時計に使用され産業や文化の発展に大きく寄与していました。近年にあっても「歯車」は著しく進展する諸機械の、高速回転や大動力伝達といった技術革新にもっとも効率的に対応する伝導システムとして、その存在はますますクローズアップされています。住友重機械ギヤボックスは日本の歯車専業メーカーとして、100年の伝統を背景に、国際水準の技術の集積と輝かしい実績を育んできました。

具体的には、歯車のもっともベーシックな役割、すなわち原動機械と被動機械の間にあって常に双方の要求を100%満足させて動力を伝達することを目的に、「小形・軽量化・高効率化」さらには「高回転精度」といった普遍的テーマの解決に取り組んできました。その結果として現在、住友重機械ギヤボックスの製品は国内外問わず各方面で信頼され活躍し続けています。

住友重機械ギヤボックスは今後とも歯車・歯車装置を中心に、市場のニーズに適応した新機種・新製品を供給し続けることによって、動力伝達システムの世界的総合トップメーカーへの発展・成長を目指していきます。


■機械系技術とその製品例

高速歯車増・減速機

発電用タービン、コンプレッサー用等で使用する増速機、減速機は高速軸の回転数が数万回転にも及び、その設計・製造・品質管理においては特別な技術を必要とします。住友重機械ギヤボックスはこのような用途向けの製品をシリーズ化し供給しています。


大型歯車減速機

製鉄・樹脂・セメント製造関連等の各種産業用機械の心臓部となる大型の減速機を設計製造し、その性能と信頼性の高さにより国内外で常に高い評価を得ています。世界でも大型減速機を設計製造する技術を有するメーカーは限られており、この分野で住友重機械ギヤボックスへの期待はますます高まっています。


遊星歯車減速機

機械装置全体の省スペース化に、軽量・コンパクトな遊星歯車減速機の需要は高まっています。住友重機械ギヤボックスは長年培ってきた遊星歯車減速機のノウハウを生かし製品の標準化を進め、様々なニーズに適用可能なようシリーズ化しています。




現状と特色

100周年を迎えた伝統を背景に、常に国際水準の歯車製品を作りつづけている「総合歯車メーカー」です。ライフラインを支える発電機、セメントを粉砕する大型ミル、大量の水をコントロールする河川ポンプ、鉄や樹脂を造るのに欠かせない機械設備等、当社の歯車は高速回転や大動力伝達に最も効率的なシステムとして、あらゆる機械産業分野で使用されており、産業の基盤を支える影の立役者として国内外で高い評価を得ています。中大型の高精度歯車を製造できるメーカーとして国内トップクラスのシェアを獲得し、住友重機械グループのグローバルネットワークとの連携により、世界市場へ展開しています。 

当社の期待する学生

当社が造っている歯車は表には見えない装置ですが、全ての機械はこれがなくては回っていきません。縁の下の力持ちとして世界経済をベースで支える気概がある人を求めます。


H23年度採用実績

大きなプロジェクトでも比較的早い段階で若手社員に任せていきます。お客様の求める仕様を基に一から設計開発を行っていきます。大きなやりがいは自分が設計した機械があらゆる産業分野で使用されること。能力があれば30才代でマネージャに抜擢されることも。様々な経験を若いうちにできる環境が、世界と対等に戦える技術者を生み出します。

TOP PAGE BACK この企業のWEB SITEへ この企業にエントリーする

All Rights Reserved, Copyright(C) 2012-2018, The Japan Society of Mechanical Engineers Kansai Branch