株式会社 神鋼環境ソリューション

説明資料
▲神戸本社(神戸市中央区)

■機械系技術とその製品例

バイオ天然ガス化設備

当社では、下水を処理する際に発生する汚泥を、“バイオ天然ガス”という燃料として有効活用する取り組みを行っています。汚泥を消化(発酵)処理によって減量化させる際に、“消化ガス”が発生します。その“消化ガス”はメタン濃度が約60%(残りの40%は二酸化炭素)と低いため、都市ガスと比べ発熱量は低く、不純物による機器の損傷、劣化の問題があることから、有効利用の用途が限られていました。

当社は、メタン精製技術を用いて、メタン純度を97%以上に濃縮することに成功するとともに、国内で初めて不純物であるシロキサンの除去性能を実証し、都市ガスとほぼ同等の高品質なガスを安定精製することに成功しました。加えて、“バイオ天然ガス”をバスなどの天然ガス自動車の燃料として販売するという取り組みを全国で初めて行いました。

“バイオ天然ガス”を燃料とした際、エンジンから排出される炭酸ガスは、都市ガスや石油などの化石燃料とは違って二酸化炭素の増減に関わりません。そのため、“バイオ天然ガス”はカーボンニュートラルなクリーンエネルギーとして注目されています。

流動床式ガス化溶融炉(都市ごみ焼却プラント)

温暖化対策、燃料高騰の面から、現代のごみ処理施設は“熱回収施設”としての役割を期待されています。そのために持つべき機能としては、@省エネルギー、A排ガス中の有害物質除去、B有価資源の回収、C高効率発電、D最終処分量の削減など、環境保全と循環型社会形成の中核としての機能が挙げられます。これら全ての機能を高水準で実現するシステム、それが“流動床式ガス化溶融炉”です。

“流動床式ガス化溶融炉”は、“流動床式ガス化炉”でごみを蒸し焼きにし、可燃性ガスと灰に分解後、“旋回流溶融炉”で可燃性ガスを用いて灰を溶融処理する技術です。このシステムは、ごみのエネルギーを利用することから化石燃料使用量を大幅削減できること、高温を利用した高効率発電が可能であることなどが特徴です。また、灰は溶融処理により、ガラス状の物質“スラグ”として排出され、アスファルト混合材や路盤材に再利用が可能です。このように、“流動床式ガス化溶融炉”は環境保護や環境負荷低減、リサイクル、エネルギー回収に優れた先進技術です。


説明資料

冷却塔

冷却塔とは、蒸発潜熱を用いて水を冷やす熱交換器の一種で、例えていうと、水を自然の力で冷却する大きな“冷水機”です。工場の設備機器やビルの空調用機器などで使用されている冷却水を再冷却し、循環利用することを目的として使用されています。

当社では、1962年から販売を開始し、化学プラント、製鉄プラント、発電プラント、地域冷暖房設備など多方面で実績を積み重ねてきました。現在では、世界40数カ国にわたり5,000基以上の納入実績を持つトップメーカーへと成長しました。

また、近年では都市部のヒートアイランド現象を防ぐ救世主として冷却塔の活用方法が見直されています。当社では、省スペース化、白煙対策、騒音対策など周辺環境に配慮した製品開発を行っており、今後も常に環境を意識した製品づくりを行っていきます。

グラスライニング製反応機

当社は、プラントのエンジニアリングだけでなく、医薬品や化粧品をつくる際に使用する、大型の反応機(撹拌・反応タンク)を製造しており、化学工業機器メーカーとしても、みなさんの生活に密接に関わっています。

そもそも当社は、1954年、製造プロセスの心臓部となるグラスライニング製機器を中心とする事業からはじまりました。グラスライニングとは、グラスの高い耐食性と鋼の強度を併せ持つ複合材料です。当社では、その技術を用いて反応機を製造し、ファインケミカル、医薬品、石油化学、食品など幅広い分野で活用いただいております。

また、当社の反応機は、お客様によって利用される分野も目的も多岐に渡ることから、お客様の仕様に応じた個別設計による受注生産を行っているという特徴があります。例えば、反応機内での撹拌の目的(混合・分散・伝熱など)に合わせて選んでいただけるように、様々な種類の撹拌翼を開発しています。今後も、グラスライニング製品のトップメーカーとして、新しい分野への用途開発を行っていきます。

現状と特色

当社は、神戸製鋼グループの環境分野を担う会社として、地球環境保全や生活環境改善に役立つ技術を提供しています。

事業領域は、「水処理関連事業」、「廃棄物処理関連事業」、「化学・食品機械関連事業」を主としており、環境プラントのエンジニアリング(設計、施工、運営・維持管理)や石油化学、医薬品、ファインケミカルなどの幅広い分野での製造プロセスの中心を担う機器、装置の設計、製造を手掛けています。

また、特色としては、幅広い事業展開に加え、下水汚泥から、自動車燃料となるメタンガスを生み出す 「バイオ天然ガス化設備」などの独自技術をはじめとする数々のオンリーワン技術や、シェア No.1 の技術を持っていることが挙げられます。

特徴ある技術と多様な事業展開を通じて、これからも「時代の要請に応える環境ソリューション企業」として、社会に貢献していきます。

当社の期待する人材
社風

意見が言い易い自由闊達な職場なので、自らの能力を伸ばし、力を発揮できる職場だと感じて頂ける方、また環境ビジネスに興味のある方は、是非ご応募下さい。

TOP PAGE BACK この企業のWEB SITEへ

All Rights Reserved, Copyright(C) 2012-2018, The Japan Society of Mechanical Engineers Kansai Branch