昭和電機 株式会社

説明資料
▲風源堂(ショールーム)

■企業プロフィール

わが社は1950年6月に創業し、その間、風力機器を中心に風をつくり続け、その努力の積み上げで業界では広く知られることとなりました。しかし、わたしたちは現状に満足することなく、更に技術を磨き、より高い評価を得る製品を開発し、より一層社会に貢献することを目指しています。

「流れの技術」の追求は、わたしたちの基本テーマであり、いかに効率的な「流れ」をつくるか、そこで生じる騒音をいかに低減できるかを追求し続けています。メーカにとって技術は最も大切な要素ですが、それを生かし活用するのは人材です。わが社は現場主義に基づく社員の育成、能力を発揮できる職場環境を重視しています。

わが社の風土はチャレンジと失敗が許されるということです。明日の時代に向かって新しいモノづくりに挑戦し、「より良い商品、より良いサービス」を市場に提供しようとするとき、難関や失敗に遭遇することも多々あります。しかし、失敗を恐れては何もできません。失敗を恐れないチャレンジの精神があってこそ新製品の開発があり、社員の成長や会社の発展もあります。前向きの失敗は許されます。そして失敗に負けることなく、失敗から学び失敗を乗り越えていく勇気を尊重する風土です。

経営理念

経営理念は「人間形成を第一義とする経営を基本とし、『流れの技術』と『回転機の技術』を深め応用し産業界におけるさまざまな活動を通して社会的責任と使命を果たします。」と定めています。

われわれは、経営理念に基づき『流れの技術』と『回転機の技術』を活かして、電動送風機、ファン・ブロア、環境機器である集じん機、ミストコレクタ、高効率モータ、健康リハビリ機器、回転機器の異常検知器を市場に提供しています。

われわれは、技術を磨きつづけオリジナル商品を開発し、社会に貢献することを通じてメーカとしての誇り、自己実現の喜びをわかち合い、人として共に成長し合うことをモットーとしています。

新しい商品開発の方向を考えるとき、最重視していることは、快適な環境づくりです。地球(環境)と人にやさしくという潮流が変わることはありません。わが社の主力製品である風力機器や環境機器は快適な環境づくりと切り離せないものです。既に集じん機、オイルミストコレクタなどで職場の快適環境づくりに役立つ製品を送り出しています。更にこれらの製品を発展させ、お客様にご満足いただける製品を提供しつづけるため、製品の研究開発段階から性能・耐熱・耐寒・強度・寿命等の実証試験をおこなう専用施設(研究開発室)があります。代表的な設備として、MG電源(周波数変換装置)、流れの可視化装置、オイルミスト粒径・粒子数測定機、半無響音室、電動機特性試験機、振動騒音解析装置等があります。

また、品質マネジメントシステム(ISO9001)は1999年3月に、環境マネジメントシステム(ISO14001)は2003年4月にそれぞれ認証取得しています。

■機械系技術とその製品例

開発技術

風洞実験装置
▲風洞実験装置

開発センターでは新商品の開発(新技術を取り入れた商品開発)と既存商品の改良(合理化や後継機種の開発)を行っています。

本社工場と伊賀工場に開発部門があり、技術やノウハウを共有し合って開発、改良を行っています。

2016年の知的財産(特許・実用新案等)成果


風力は目で見ることは出来ません。昭和電機では各種測定装置を駆使し、空気の流れを測定しています。本社工場内に開発・実証試験室を備え、約60種類の評価試験が可能です。これらの試験設備は、お客様のニーズにあった仕様であることを証明するために欠かすことが出来ません。

近年は、試験機の自動測定化を進めており、開発段階での試験工数を削減し、開発期間を短縮化させる取り組みを行っています。

健康医療機器DREAM HUNTER

文部科学省がオリンピック競技アスリート支援のために策定したマルチサポート事業戦略。その委託を受けた国立大学法人筑波大学の研究開発プロジェクトのもと、順天堂大学と昭和電機鰍フ共同開発により「DREAM HUNTER」を開発いたしました。目標は世界トップレベルの大会でのメダル獲得です。弊社の主力商品は送風機という機械で、送風機とは簡単に説明すると空気を吸い込み、吸い込んだ空気を吐き出すという製品です。

DREAM HUNTERには弊社の主力商品の送風機が2台使用されております。


風洞実験装置

オリンピック候補生のハイスピードトレーニングと故障者の早期復帰リハビリトレーニング用に。またランニングフォームの観察と指導用に活用中です。

もちろんこれらの技術も経営理念でもある「流れの技術」と「回転機の技術」が活用されています。

現況と特色

わが社は、1950年の創業以来、高度な風力技術をもって産業界に幅広く貢献してきました。激変する時代のなか、他社の追随を許さない技術により、日本国内だけでなく海外からも高い評価をいただいております。

風力技術開発に限界はありません。私たちは、つねに次の製品、次の分野、次の用途を開発し続けていきます。

業界トップシェアを誇る電動送風機をはじめとする風力機械や、環境機器を軸に新製品開発に積極的に取り組んでおり、現在は自社開発の高効率電動機を使った製品や健康リハビリ機器、回転機器の異常検知器の製造開発も行っております。

『風』、それは目に見えません。何かが動いてはじめて存在がわかるものです。私たちの製品もまた同じように、主役である機械やシステムの中にあって目立ちませんが、しっかりと効率化や省力化、快適化を追求しています。これからも、あらゆる産業界に欠かせない名助演者として、もっと社会の役に立ちたいと考えています。

当社の期待する学生
社風・職場環境

前向きに挑戦し、失敗から学び乗り越えていく勇気を尊重するのが我が社の風土です。「より良い商品、より良いサービス」を市場に提供しようとする時、難関や失敗に遭遇することは多々あります。しかしそれを恐れては何もできません。

挑戦があってこそ新製品が開発でき、社員の成長や会社の発展もあります。

TOP PAGE BACK この企業のWEB SITEへ

All Rights Reserved, Copyright(C) 2012-2018, The Japan Society of Mechanical Engineers Kansai Branch