三和ハイドロテック 株式会社

説明資料

■企業プロフィール

「新製品・新市場を自ら創り出す」創業者の精神と理念

私たち三和ハイドロテックは、国内初のステンレス鋳物材料メーカーとして創業しました。創業者の精神「新技術・新材料・新製品を常に開発せよ」の考えのもと、世の中の変遷と共に、鋳物からバルブ、そしてポンプへと事業内容も変化させてきました。

現在ではポンプ専業メーカーとして、世の中の役に立つ素晴らしい製品を生み、「新市場を自ら創り出す」という使命のもと、日々新しいことにチャレンジし続けています。

【ステンレス製マグネットポンプ】のパイオニア

1983年に開発した日本初の【ステンレス製マグネットポンプ】は、国内ではトップシェア、世界市場でもNo.1を狙えるまでになりました。

ステンレス製マグネットポンプが活躍する業界は、

など、「装置に命を宿らせる」存在として、あらゆる産業で活躍しています。

■機械系技術とその製品例

主力製品「ステンレス製マグネットポンプ」の特長と製品群

●マグネットポンプの特長

資料画像
▲マグネットポンプ構造図

当社のマグネットポンプは、マグネット(磁石)同士の引っ張り合う力を利用することで、液体を漏らさず移送します。 マグネットポンプは密閉容器(ケーシング)の内側を少し大きくして、羽根車付きの軸(シャフト)に磁石をつけたものを組み込んでいます。そして、ケーシングの外側には電動モーターで回せるようにした磁石を取り付けます。

こうすると密閉容器に穴を開けずに羽根車を回せます。

電動モーターで外側の磁石を回すと、磁石と磁石が引っ張り合って、内側の磁石も同じように回ります。内側の磁石が回ると、それにくっついている羽根車も一緒に回転するため、液体が送れるようになるのです。

このように、マグネットポンプは密閉容器(ケーシング)に穴を開けずに羽根車を回すことが出来るため、液体が漏れることがないのです。


●食品・医薬品用 世界初「サニタリーマグネットポンプ」

資料画像
▲食品工業用「サニマグ」

世界初となる食品・医薬品用「サニタリーマグネットポンプ」は、サニタリーポンプメーカーと共同開発した製品です。ステンレス製マグネットポンプの特長に加え、食品・医薬品業界で要求される無菌・減菌など清潔さを維持するための高い洗浄性を持つ製品となっています。

液体が接する部分だけでなく、モーターカバーを含めオールステンレスのため、耐腐食性や衛生面が高度に要求される食品工場に対応できます。

お客様からの「分解・洗浄を楽に行いたい」との要望を取り入れ、へルール継手の採用やケーシングにも蝶ネジを使用し、工具無しで簡単にメンテナンスが出来るよう工夫しています。

●エネルギー関係

資料画像
▲LPGバルクローリー用「MSS」

圧力が高く、漏れると火災や爆発のリスクが高いLPGガスを輸送するタンクローリー用マグネットポンプです。

このポンプは漏れないだけでなく、走行中のトラックの振動やあらゆる環境でも安全に稼働することができる様に開発し、様々なテストをクリアーした、国内で唯一無二のサイドチャンネル型ポンプです。


また近年では、自然環境への配慮の高まりと共に、「風力発電」の需要が海外を中心に高まっています。当社のポンプは風力発電システムの制御装置内の冷却部に使用されています。緻密な制御を必要とする発電システムのオーバーヒートを防ぐために、当社の「漏れないポンプ」が世界中で活躍しています。

そして、今後自動車などで更なる需要の高まりが見込まれる「燃料電池」においても、製造工程で当社のポンプは無くてはならない存在となっています。

【液体のあるところにポンプあり】という言葉の通り、新しい製品、新しい産業と共に当社の技術力も向上し、ステンレス製マグネットポンプも活躍するフィールドを広げています。


現状と特色

当社は今年で創業84年、創業者の言葉「新技術・新材料・新製品を常に開発せよ」を実践し、お客様のニーズに合わせた世の中の役に立つ製品を生み続けているポンプメーカーです。

主力製品の【ステンレス製マグネットポンプ】は「液漏れしない」「頑丈で長持ち」「分解・修理が簡単」という3つの特長を活かし、世界中の幅広い分野で活躍しています。

例えば、石油化学工業では原材料の移送、風力発電システムやデータセンター等では冷却液の供給。近年では食品分野で最も重要な殺菌装置の中に組み込まれています。その他にも燃料電池や自動車、医薬等、あらゆる産業で液体を漏らさず安全に送るポンプの設計・開発を行い、「装置に命を宿らせる」存在として社会に貢献しています。

当社の期待する学生
●新しいものを世に広めたい方
●常に新しいことにチャレンジしたい方

当社の考え方に賛同して、一緒に未来創りをして頂ける方に、当社で力を発揮して頂きたいと思っております。

教育研修

入社後1ヵ月は、ビジネスマナーや社会人としての基礎を学び「気づき、考え、自ら行動する」力を身に付ける新入社員研修を行います。

その後はOJTを中心に、約2ヵ月は技術職として必要な知識を身に付ける基礎教育、さらに製品理解を深める現場実習を約10ヵ月実施し、配属先決定となります。

流体力学以外の研究をされていた先輩社員もたくさん在籍していますし、仕事に必要な知識は入社後の研修で一から学んで頂きますので、ご安心下さい。先輩社員、上司のサポートを受けながら、一緒に頑張りましょう。

TOP PAGE BACK この企業のWEB SITEへ この企業にエントリーする

〒550-0004 大阪市西区靭本町1丁目8番4号 大阪科学技術センタービル内
一般社団法人 日本機械学会関西支部 E-mail:info@kansai.jsme.or.jp

All Rights Reserved, Copyright(C) 2012-2017, The Japan Society of Mechanical Engineers Kansai Branch