川重冷熱工業 株式会社

■企業プロフィール

機関車から始まった「熱エネルギー」への挑戦

蒸気機関車

当社の歴史の始まりは、機関車メーカー「汽車製造(株)」として創業を始めた1896年(明治32年)に遡り、その100年を超える歴史の中で、蒸気機関車の動力源としてのボイラー製造を開始以降、吸収冷温水機(空調機)の開発に至るまで、「熱」というキーワードで新しい技術を積極的に取り入れ、熱源機器のパイオニアとして様々な製品を世に送り出してきました。

1978年に社名を「川重冷熱工業(株)」と改め、以来「吸収冷温水機」および「汎用ボイラー」の専門機器メーカーとして国内・海外へと事業を展開し、開発、設計、製造、販売、アフターサービスまですべて一貫して行っています。

ボイラー事業においては2015年3月に業界最大の蒸発量を誇る新型ボイラー「イフリート フェルサ」を開発しました。

空調事業では世界最高効率の省エネを実現した「三重効用吸収冷温水機」が「第17回省エネ大賞 省エネルギーセンター会長賞」を、二重効用機「エフィシオ」が「日本ガス協会 技術賞」を受賞するなど、その技術力は広く認められています。

どちらも日常で目にする製品ではありませんが、実は高い技術力で、人々の生活と地球環境を支える「縁の下の力持ち」なのです。


■「熱」を活用した環境技術

ソーラークーリング
▲当社工場内のテストプラント

吸収冷温水機における省エネ技術

水を冷媒とし、フロン類を一切使わないクリーンな空調機器である「吸収冷温水機」。主に駅ビル、空港、病院、ショッピングセンターといった大型施設で利用されています。

電気式の空調機とは違い、ガス、油、排熱といった多様な熱源を利用できるため、東日本大震災以降の電力不足対策の一助となっています。近年では、再生可能な太陽熱を利用した「ソーラークーリングシステム」を開発し、太陽熱で給水前の水を予熱することにより、ガスや油などの燃料消費量削減に大きく貢献しています。このシステムでは、さらに太陽光パネルを併設し、制御盤や給水ポンプなどの電力も自家発電してまかなうことで総合的な省エネルギー、省CO2、省コストを実現しています。


大型貫流ボイラー「イフリート フェルサ」

大型貫流ボイラー「イフリート フェルサ」
▲大型貫流ボイラー「イフリート フェルサ」

「ボイラー」とは、大気圧を超える圧力容器の中で、水を沸騰させ高温(約200℃)の蒸気や温水を発生させる機械です。食品、製紙、化学メーカーなど様々な工場で加熱・殺菌・乾燥等のための生産設備として、幅広い角度からモノづくりを支えています。

中でも当社の主力機種である大型貫流ボイラー「イフリート」、その最新機種「イフリート フェルサ」は貫流ボイラーとして業界最大の蒸発量を誇り、ボイラー効率や省エネ性からも第一級の優れた性能を実現しています。「起動時間の短さ」や「ボイラー技師免許不要」という貫流ボイラーとしての特性はもちろん、大型化によって一台のボイラーで客先の様々な要望へ対応する事を可能にしました。

コージェネレーションシステム

現在、日本の発電量の約90%を占める火力発電では、投入エネルギーの約5〜6割が電気に変換されず、「排熱」として捨てられています。発電所に限らず、食品工場や病院で自家発電をする際にも、ガスタービン・ガスエンジンから排出される高温のガス、温水などの「排熱」が存在します。当社が扱う廃温水利用型の吸収冷温水機「ジェネリンク」や排熱ボイラは、このような排熱エネルギーを熱源として再利用することでガス・油などの燃料消費量を削減し、システム全体で省エネルギー、CO2排出量の削減、NOxやSOxの低減を実現しています。


現状と特色

川重冷熱工業は冷水・温水を発生させる「吸収冷温水機」と蒸気を発生させる「ボイラ」の開発・設計、製造、販売、アフターサービスまで一貫して手がける機械メーカーです。

1899年にボイラを販売開始、1959年に吸収式冷凍機を国内で初めて製造・販売開始以来、太陽熱を利用して省エネを図る「ソーラークーリングシステム」、業界トップクラスの高効率を誇る二重効用式吸収冷温水機「エフィシオ」、業界初の製品15年保証を実現した大型貫流ボイラ「イフリートフェルサ」等、常に先進的な製品を世に送り出し続けてきました。また、ガスコージェネレーションで利用される排熱ボイラ・廃温水器利用型吸収冷温水機(ジェネリンク)等を通じてお客様の省エネルギー化にも大きく貢献します。

当社は川崎重工グループの一員として、今後も先端技術の開発とお客様の満足を求めて取り組みを続けます。

当社の期待する学生
  1. 環境の変化に柔軟に臨機応変に対応し、自ら「変わる」ことができる人
  2. 周囲を巻き込みながら行動できる人
  3. チャレンジ精神に溢れ、成長しようとする意欲がある人

当社は少人数の会社であり、一人一人の担当する業務の幅が広いことが特徴です。

様々な業務に興味と関心を持ち、挑戦できる方を期待します。

ビジョン・戦略

未利用/再生エネルギー対応機の開発拡販、東南アジアを主とした海外市場への拡販、収益構造の強化等を通じて社会に貢献し、成長を目指します。

TOP PAGE BACK この企業のWEB SITEへ この企業にエントリーする

All Rights Reserved, Copyright(C) 2012-2018, The Japan Society of Mechanical Engineers Kansai Branch